チ ー ム 概 要



所在地 新潟県新発田市

 新発田市は新潟市から北へ30kmほど行った城下町で、市の木はサクラ、市の花はアヤメという自然に恵まれた田園都市です。高速道路、国道7号線(新新バイパス)、JR白新線などアクセスに恵まれており、インフラ環境が整備された住みやすい街です。市街地には新発田城や清水園、周辺にも市島邸などの観光地があり、月岡温泉が有名です。また、大倉喜八郎、堀部安兵衛、蕗谷虹児の生誕地でもあります。市内にはカルチャーセンターがある中央公園、野球場や陸上競技場がある五十公野公園があり、スポーツが盛んな街でもあります。
 高校野球ファンなら、新発田農業高校を知っていますか?昭和36年に甲子園大会に初出場すると、いきなり初戦突破。その後は昭和55・56年に連続出場、特に56年は広島商業と東海大甲府を破り、新発農旋風が巻き起こりました。その後も昭和62年、平成に入り10年には春夏と甲子園に出場し、巨人軍の加藤健選手を輩出しました。平成12年にも出場し計7回甲子園に出場している名門校です。市内には、その他に新発田高校、新発田南高校、新発田商業高校、西新発田高校、新発田中央高校があり、当リーグの卒団生が野球部に所属し活躍しています。


練習場所(敬和学園大学グランド)

 新発田市にある敬和学園大学当局のご厚意により、大学のグラウンドを使用させていただいており、ここをホームグラウンドとして練習しています。日本海東北自動車道の聖籠新発田ICを出て、国道7号線新新バイパスに入り市内に向かい、最初の信号機の交差点を右折直新し、次の信号機の交差点(左側にパチンコマルハン、右側に日産自動車販売)も右折直新すると右側に大学が見えますので、小路を右折すると大学に入れます。校内の左側を進むとグラウンドがあり、駐車場やトイレも大学のものを使用しています。
※高速道路やバイパスから大学はよく見えます。聖籠新発田ICを出て、大学までは3分程度で到着します。